同時摂取

ニキビ肌にはイソフラボンを含む化粧水が良い?

①ニキビができるメカニズムについて。
思春期にできるニキビも大人になってからできるニキビも毛穴の入り口が何らかの原因により詰まってしまい生じます。
つまり、毛穴の入口付近に皮脂とバイ菌が繁殖していまい、ニキビになります。
ニキビの種類も白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビなどの種類があります。
では、ニキビができる原因は何なのでしょうか?
ニキビができやすい身体の部分は、皮脂の分泌が比較的多い部分になります。
顔や胸元や背中などになります。
ニキビの原因としては、男性ホルモンの影響、成長ホルモンの影響、ストレスの影響、黄体ホルモンの影響が考えられます。
いずれの場合も、ホルモンの影響により皮脂の分泌が活発となり、ニキビができやすい肌になると分析できます。

②身体の中からニキビを予防!生活習慣の見直しも必要です。
ホルモンなどの影響により、皮脂の分泌が活発でニキビができやすい肌をニキビ肌と言います。
しかし、食生活や生活スタイルに気を付けることでもニキビを予防できます。
ニキビ予防に大切な生活習慣は、『睡眠』と『食事』になります。
22時から2時の間は「肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、この時間に寝ていることが求められます。
また、睡眠の時間も6時間以上が必要となります。
さらに、食事に関してはバランスを意識しながら、「ビタミン類」「食物繊維」「亜鉛」を摂ることがニキビの予防になります。

③身体の外からニキビを予防!イソフラボンの化粧水。
ニキビを中から予防することも大切ですが、ニキビ肌にはスキンケアも必要になります。
ニキビはホルモンの影響により、皮脂の分泌が多くなったことにより生じます。
イソフラボンを含んでいる化粧水を使用すると、「肌に潤いを与えてハリとツヤを出す効果」と「ニキビ・シワ・シミなどの肌トラブルの改善効果」と「ムダ毛やヒゲの抑制効果」が実証されています。
そのため、大豆のアレルギーが無い方で、ニキビ肌に悩んでいる方にはイソフラボンを含んでいる化粧水はおススメになります。

④最後に。
ニキビは、ホルモンバランスの崩れから皮脂が大量に分泌されることにより生じます。
身体の中と外からニキビを予防すると効果が上がることでしょう。
イソフラボンの化粧水は、女性だけでなく、ニキビに悩む男性にもおススメの商品です。
みなさんもイソフラボンで若返りを目指しませんか。