同時摂取

老化の原因。活性酸素を抑える?

①老化の原因について。
人は、人生を送っている期間が長いほど、老けてしまいます。
老化は、活性酸素による細胞などの錆が原因のひとつとなります。
私たちの身体は、呼吸をするだけでも活性酸素を発生させています。
活性酸素は、身体を錆させてしまう原因物質となります。
顔のシワや悪玉コレステロールの増加も活性酸素が原因とされています。
ある研究では、人間は40代になると急激に抗酸化力が低下すると言われています。
抗酸化力が低下すると、身体の中で処理しきれなかった酸化物がどんどん溜まっていってしまう状態に陥ってしまいます。
そのため、今までよりも疲れやすくなったり、白髪が出てきたり、顔にしわができたり、物事を行うことがおっくうに感じるようになったりするようになります。
つまり、抗酸化力が年齢に伴い低下することで、身体の中の酸化減少を食い止められない状況が老化となります。

②老化の大敵。活性酸素を除去する方法は。
老化を防止する方法は、食べ物や運動をすることにポイントがあります。
1)食べ物で酸化を予防する
・β-カロテンを含む食材を食べること。
にんじん、かぼちゃ、ほうれんそうなどの緑黄色野菜には、強力な抗酸化作用があり、高脂血症や動脈硬化を予防する効果があります。
・ビタミンCを含む食材を食べること。
 ビタミンCには、酸化による過酸化脂質の生成を防ぐ効果があり、身体の細胞の老化を防ぐ働きがあります。
・ビタミンEを含む食材を食べること。
 ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っており、老化防止のビタミンと呼ばれます。
2)運動をすることで老化を防止する。
有酸素運動やウォーキングなどは老化を防止します。
水分の補給も忘れずに行うと良いでしょう。

③イソフラボンの抗酸化効果について。
イソフラボンには、老化防止作用があることは広く知られるようになってきました。
その働きが、活性酸素を身体から除去する、抗酸化作用と呼ばれるものです。
老化防止と健康維持のためにイソフラボンを含む製品を食べることは、手軽に老化を防止する方法の一つになります
抗酸化作用がある理由は、大豆の胚芽から作られるイソフラボンの成分になります。
この成分には抗酸化作用だけではなく、身体の血行も良くなり、美肌効果もあり、新陳代謝も良くなり、健康には最適の成分になります。
老化が気になりだしたら、イソフラボンの服用をおススメします。