同時摂取

前立腺がんの予防に役立つ?

①日本の食生活はガン予防になることも。
日本の食生活文化は、魚や野菜、大豆製品を古くから摂り入れた物が多いです。
日本の料理における大豆を使用した製品も、豆腐・納豆・みそ・煮豆などたくさんあります。
大豆製品の摂取量も欧米に比べて日本ははるかに多く、大豆イソフラボンも多く摂取していると考えられます。
欧米と比べて日本は、ガンの発生率が低くなっている研究論文もたくさんあります。

大豆イソフラボンは前立腺がんの予防になります。
女性のがんは多くの場合、女性ホルモンのバランスの崩れからも発症することが知られています。
女性ホルモンの分泌が多いと、乳がんや前立腺がんなどホルモンに関係する身体の部分に支障が生じます。
大豆のこの成分が、女性ホルモンに似たエストロゲンという成分を持っており、ホルモンバランスを調整するため、前立腺がんの予防になります。
 
■チョット深読み!ホルモンバランスの調整について
大豆のイソフラボンは、エストロゲンに似た構造をしており『植物性エストロゲン』と言われます。
エストロゲンの分泌が多いと、ガンの発症率が高まります。
このエストロゲンの過度な分泌を抑制するために、エストロゲンよりも先回りして、大豆イソフラボンが体の細胞に働きます。
この結果、ホルモンのバランスが調整され、ガンの予防になります

③最後に。
大豆を使用した食品は昔から日本にあります。
前立腺のがんの予防に大豆イソフラボンの効果があるようです。
しかし、摂り過ぎは禁物です。
食事の時に豆乳をコップ1杯飲んだり、納豆を食事に加えたり、みそ汁を毎日飲んだりと、食生活の工夫で、大豆のこの成分を上手に摂ることができます。
ホルモンバランスの崩れが、ガンの発症率に関与しています。
生活リズムを整え、食生活を豊かにし、ストレスを溜めないことを心掛け、ホルモンバランスを崩さないようにすることがポイントになります。
対応の仕方を正確にしてしっかりと効果を出していけるようにしていきましょう。
また、こちらのイソフラボンの大人と子供の摂取量の違いについての記事も参考にご覧ください。