同時摂取

更年期障害にはイソフラボンが効果的?

①更年期障害は誰にでも起こりうるものです。
更年期とは人生の中で生殖器から生殖不能期への移行期に当たり、平均すると45歳から55歳くらいの年齢を指し示します。
また、この時期は人生における節目の時期でもあり、閉経後の人生をいかに豊かに過ごすか考える時期にもなります。
つまり、更年期障害とは、閉経後の女性に多く、自律神経失調症の症状とその他の精神症状が相互に関連し合いながら起こる病気とされています。

②更年期障害の原因は何か?
更年期障害の症状に悩む方は多いことでしょう!
では、いったいどうして、更年期障害の症状が更年期になると出るのでしょうか?
更年期になると卵巣の機能が低下して、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減り、脳の視床下部と呼ばれる部分にある自律神経中枢に影響を及ぼします。
このため、自律神経失調症の様な症状が出ます。
また、更年期の女性における、心理的なストレスが脳の大脳皮質や大脳辺縁系に影響を与え、うつ状態や情緒の不安定さなどの精神症状を引き起こします。
この自律神経症状とその他の精神症状が絡み合い、更年期障害の症状を引き起こします。

③更年期障害にはイソフラボンが効果的です。
女性ホルモンの低下による影響が更年期障害の症状の原因とされています。
女性ホルモンには、エストロゲンという物質があります。
エストロゲンという成分は、大豆イソフラボンの成分と似た構造を持っています。
このため、大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをすると考えられており、更年期のエストロゲンの減少による、身体の不調や精神症状の改善に役立つことが分かっています。
また、大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減らす効果や骨密度の低下を防ぐ効果もあるとされています。

④最後に。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きに似ています。
このため、日常生活の食事で、大豆製品を取り入れることをおススメします。
豆乳なども手軽であるため、食事の時に摂取している女性も多いです。
更年期障害に病んでいる方は、一日に約40から50mgのイソフラボンの摂取が理想的になります。
症状が改善しない場合には、病院の受診も必要になります。
婦人科外来がおススメです。
また、こちらのイソフラボンの体験談についての記事も参考にご覧ください。