同時摂取

イソフラボンの抗がん作用

①イソフラボンと日本の食事について。
イソフラボンにはガンを予防したりガン細胞を抑制したりする効果があることはご存知ですか?
現在は、この成分を含んだサプリなども販売されており、広く普及しています。
普段の食生活における、この成分を多く含む食品は大豆や大豆を使用した製品になります。
日本では大豆を使用した納豆や豆乳、豆腐や湯葉などは有名な料理ですよね。
このように食生活の中で大豆製品を多く取り入れているのは、アジア圏の国に多く、西洋圏では大豆製品よりは穀物や肉類を多く取り入れるため、ガンの発症率がアジア圏の4倍から5倍であるという統計もあります。

イソフラボンのガン予防効果について。
では、なぜイソフラボンがガンを抑制する効果があるのでしょうか?
いくつかの要因が考えられていますが、ここでは2つ紹介します。
1つめは、女性ホルモンに似た作用がこの成分にはあるためと考えられています。
女性ホルモンは性ホルモンです。
性ホルモンは、ガンを抑制する作用もあります。
このため、性ホルモンに関係するガンの発生を抑制すると考えられています。
また、イソフラボンはムダ毛にも効果的なので本当に女性に愛されています。

2つ目は、この成分の持つ抗酸化作用がガンを抑制したり、ガンの発生を防ぐ効果がるとされています。
ガンの発生は活性酸素が関与しているとされています。
大豆のこの成分には、活性酸素が身体にダメージを与えることを予防し、ガン細胞が増殖したり・発生したりすることを防ぐ働きがあります。
これら2つの理由のため、この成分には、抗ガン作用があるとされています。

③最後に。
イソフラボンは、性ホルモンに関係しているガンを抑制したり予防する効果があります。
また、抗酸化作用もありガンの発生源である活性酸素を除去する働きもあります。
古くから日本の食生活の中には大豆を利用している食品があることがわかりました。
忙しい方には、なかなか食事で大豆のこの成分を十分に摂取することが難しい場合もあります。
そのため、この成分が含有されているサプリを毎日服用することで、女性らしさを取り戻し、ガンを中から予防する生活を心掛けてみることもよいと思います。
イソフラボン摂取時の注意事項についての記事も参考にご覧ください。